08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

直った。

2011/11/21
2011_1121s0026.jpg
いやぁ寒いですナ! 今日は辛抱ならず初ストーブ日となりました。
数年前はファンヒーターを使ってたんですが、
『やかん』 が置けるのでストーブに変えたんです。(笑)



1回目の自前OHでは、回る時とアカン時がありました。(ほとんどアカン。^^;)
しかしよく考えてみると、確率は少なくとも 『回る時もあるという事実』 は分かったわけで。

いすゞさんに問い合わせしていた新品のマグネットSW他、ブラシホルダー等々、、
「全~~~~部出ません!」 という厳しい現実と、
「イー○ルさんに聞いていた中古品の連絡も全くこん!」 という現実をうけ、
現状復活を目標に、夜な夜なごじゃごじゃやってました。


2011_11160003.jpg


再度挑戦の今回は、
2011_11160004.jpg
左側の 「クイックドライクリーナー」 とかいうモノをホムセンで購入してみました。
イチカバチカで、アーマチュア全体にブシューーーーー。
電気・電子パーツの速乾性洗浄剤と書いてありましたので、イケルかな?と。(汗)

黒~~く汚れた汁がボタボタで、銅のコイル部もかなりキレイになり、
クラッチ部分他、可動部という可動部には前回以上に多くグリス充填を試みました。




・・・で、 「どーせアカンのだろな・・」 と思いつつも、
昨日、仮に結線だけしてキーをひねってみましたら、
なんと百発百中で勢いよく回るじゃないですか。@@ (百回もひねってないけど。汗)


なので早速定位置に固定し、再度イグニッションON。

これまた百発百中でEGが掛かるじゃないですか。(自分でもビックリ。汗)


どーやらサビサビセルは無事生き返ってくれたようです。(嬉)



浸水時に水の中から救出した際、まず最初はボンネットを開けてEGを掛けました。
とにかくその時に驚いたのは、ファンの風圧でした。
すぐ真下が水面でしたので、水が強烈な逆シャワーになって上空へ飛ぶんです。

倉庫から出し、陸揚げできるまでの間は当然ボンネットは閉めていますから
ボンネット裏で跳ね返った水が大量に降り注いでいたんだと思います。

完全水没........とかまで行かなくとも、『水』 は ほんま厄介ですね。(何を今さら ^^;)



で、もう一つの案件。爺さんのクラッチ固着。
どうにかこうにかギヤ入れてのロー&バックを繰り返しながらの
急ブレーキ作戦を先週から実行してまして、、。(↓先週は全くダメでした。)


その後色々と 「その剥がし方」 を、WEBで調べておったんですが
ローよりセカンドのほうが剥がしやすい!・・・との記事を発見。

早速実践してみたところ、『ガキッ!』 ってなデカイ音と共に剥がし成功!
ようやく2台とも動かせるようになった疲れた日曜日でした。^^;




19:00 @PA95 | コメント:(2)
コメント:
No title
悩むS蔵さん
>イー○ルさんに聞いていた中古品の連絡も全くこん!」
 はい!車両を購入しない人には部品は売りません。
冷たい風に聞こえますが現実ですよね、商売ですから。

>マグネットSW他、ブラシホルダー等々
 純正となると無理ですが汎用部品で電装屋さんに行くと大部分(全部とは言わないが実際買えた)新品で出たりします。
 
>アーマチュア全体にブシュ
 これだからアマチュア??なんちゃってネ、もう一つの愛車たるVF750のマニュアルを読むと「アーマチュアは研磨してはイケません」なんて書いて有るかと思うと某老舗電装屋さんのブログによると研磨所か旋盤で研削したりでよく判りません。
 アマチュア的結論、400番位のペーパで磨いてから番手を上げて1500番位で仕上げ。
 隙間はアルコールを染込ませた爪楊枝と綿棒でお掃除が定番ですね。
 過去経験ではこれで全部オッケーでした。

>ローよりセカンドのほうが剥がしやすい!
 踏み切りでエンストした時と押しがけ時の定番ですやんか。
しっかしクーペを押しがけしたんですよね・・・ワタシ。
 あの頃は体力が有ったんだと今更シミジミ。
Re: No title
> 欠食児童さん

> はい!車両を購入しない人には部品は売りません。
> 冷たい風に聞こえますが現実ですよね、商売ですから。
マジっすか!けっこう親身になってお話いただいたんですが
もうやめとこ。^^;

> 純正となると無理ですが汎用部品で電装屋さんに行くと大部分
>(全部とは言わないが実際買えた)新品で出たりします。
一応私も行きつけ?の電装屋さんもありまして
OHに出そうかな?と、思ったりしてました。
んが、その痛み具合を見るためにも、ここは自分で!ってな感じ。^^;

> これだからアマチュア??なんちゃってネ、・・
がはははは!気がつかんかった。(笑)

> アマチュア的結論、400番位のペーパで磨いてから番手を上げて1500番位で仕上げ。
> 隙間はアルコールを染込ませた爪楊枝と綿棒でお掃除が定番ですね。
> 過去経験ではこれで全部オッケーでした。
プシューとする前には一応2000番で磨きましたが
少し見える銅のコイル部とかが真っ黒なままだったので試してみました。
まぁ、スプレー代¥1050でしたから、お安く直ってヨカッタと。(汗)

> 踏み切りでエンストした時と押しがけ時の定番ですやんか。
どうやらクラッチ剥がしも同じみたいですね!
距離がもっとあったらヨカッタんですが、いかんせん10mちょっとぐらいなんで。
爺さんもとりあえず動くようになったのでPIT製作します。^^

> しっかしクーペを押しがけしたんですよね・・・ワタシ。
> あの頃は体力が有ったんだと今更シミジミ。
押しがけ・・・お一人でですか。@@
私も若かりし大阪時代の冬場は、よく近所の工場の方々が
5人ぐらいで押してくれてました。
バッテリー買うお金も無かったんです。(泣)

管理者のみに表示