07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

小さな港町にて。

2019/01/18
IMG01063_HDR.jpg
IMG01062.jpg
市内から南へ約1時間ちょっと走ったところにある、長閑で小さな港町。
"トンビ" の鳴き声が響き渡り、時間の流れも かな~~り ゆったりしていて
ここに来ると、日々バタバタとしているのが何かバカらしくさえ感じてきます。





IMG01072.jpg
その港から徒歩3分の通り沿いで、築90年になるお家のお仕事させてもらってます。


IMG01058_HDR.jpg
そのすぐ傍に建つ "碑"。

IMG01068.jpg
IMG01067_HDR.jpg
昭和21年12月21日未明。

今年は昭和で換算すると、昭和94年。
なので、73年前になるんしょうかねぇ.....。

"碑" に記されている最高潮位ラインは、道路面から約1.5mほどでしたが
築90年ということは、仕事させてもらっている建物は当時築17年前後であって
少なからず1階は津波にのみこまれたことになる。

はっきりとは伺っていませんので、詳しくは分かりませんが、きっとそういうことでしょう。



IMG01071.jpg
その建物の目の前にある小山には津波用避難路も整備されていました。


昨日は1.17。
命を守らなければならない建築を、生業としている限り、南海トラフに負けるわけにはいきません。
スポンサーサイト



18:00 @建築 | コメント:(2)

1 + 1 = ワカラン。

2018/07/07
先の台風7号が過ぎて、台風一過と思いきや すかさず今回の長期間な大雨。
被害にあわれた方々、心よりお見舞い申し上げます。

こちらもかなり降っていて、市内全域に避難準備情報が出ていますが
いまのところ無事です。
ただ、吉野川上流域での雨量が尋常でないため、ダムの放流量が増え続けており
今後の雨量もそうですが、河川の水位上昇を気にしながら
とりあえず仕事してます。

七夕なのに、星も見えそうにありません。



・・・・・



DSC_2589.jpg
某市某町、某公図。(画像上が北)
現在1区画(約100坪)を、真っ二つに分割しての
新築分譲住宅、2棟同時着工&同時完成の基本設計を吟味中。
しかもこの土地、すぐ近くで開催される花火大会の打ち上げ花火がモロに見える。

今まで様々な敷地に様々な住宅を建築させていただいたというものの、
2棟同時計画は初めてです。


あ~、難しい。。。 (*´~`*) 
09:00 @建築 | コメント:(9)

露天風呂。

2017/11/08
DSC_2664.jpg
地元にも歴史ある立派な窯元さんが多々存在するのですが
ここはあえて "たぬきの信楽焼き"。 (納期45日、重量約150kg)


2017_11080009.jpg
"たぬき" は おりませんが、ええ感じです。^^
17:00 @建築 | コメント:(0)

ビーチじゃないけれど。

2017/07/12
DSC_2193_201707111515558b3.jpg DSC_2211_20170711151554555.jpg
拙宅近隣では例の花が咲き始めました。
先日から蝉も鳴きはじめ、次第と夏の香りが強化されつつあります。

九州豪雨、心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m



・・・・



さて、海沿い住宅、第二弾!!.....................着手しました。


DSC_2224.jpg

DSC_2226.jpg
プライベートビーチじゃないけれど、

DSC_2231.jpg
プライベート防波堤!
釣りは し放題ですが船は降ろせません。

【 隣地境界線が防波堤 】 という、究極の海沿いの敷地。
海沿いにも、ほどがありますナ。


DSC_2233.jpg
現状では防波堤の高さも低く、一歩間違えば水深3mほどの(推定)海へドボンです。
現場に救助用の浮き輪&ロープが必要かと、マジで思案中!

DSC_2230.jpg
で、こちらの建物、、ワタクシの初めての試み。
この部分に露天風呂を造る次第。(内風呂もあります)

DSC_2229.jpg
湯船に浸かると、おそらくこういったロケーションになるかと・・・。^^;






(おまけ)
DSC_2184-1.jpg
昨年夏からのエアコン絶不調で、長らくいすゞさんに預けていたUBS。
先日無事帰還しました。
クルマの中が涼しい!って素晴らしいことだと思います。^^;


18:00 @建築 | コメント:(2)

四芒星デッキ。

2017/04/22
DSC_1893.jpg
今まで色々なウッドデッキを造ってきましたが、


DSC_1894.jpg
こんな形状は初めてでした。


DSC_1898.jpg
名付けて、、


DSC_1908.jpg
四芒星デッキ!

両サイド食い込んできているのが双方の隣地境界。(一番狭い部分で4000㎜弱)
画像上側が防波堤沿い遊歩道。
画像右上部分を階段状にし、遊歩道と直結。

見えがかり 束・・・・ヒノキ90*90&基礎パッキン100*100
その他    束・・・・鋼製束
大引き     ・・・・ヒノキ90*90
床板       ・・・・ヒノキ40*100
塗装       ・・・・キシラデコール3回塗り




DSC_1917.jpg
なんとも、 (リビングからの風景)


DSC_1914.jpg
羨ましい限り!


DSC_1902.jpg
屋根形状は五芒星。^^ゞ

18:00 @建築 | コメント:(2)

2度目。

2017/01/19
先の真冬の嵐。
積雪&凍結は無かったものの、尋常じゃない北西からの暴風。


・・・・



DSC_1413-1.jpg

現場監理を職業にして、かれこれ23年。
仮設のおトイレがコケたのは2度目です。

四隅に深く杭を打ち込んで、太い番線で引っ張ってあるのですが
杭が引き抜かれ、廃材用コンテナに突き刺さっておりました。
コレ相当重いんですけど..........................。(汗)

で、この状態で止まっていたため....................肝心の中身はギリのセーフ。(大汗)


1度目のときは台風にやられ、完全なる転倒でした。
そういう光景を見たときは、ほんまに絶句どころじゃありません。
あとは、ご想像にお任せします。

お食事前の方、ごめんなさい。^^;


18:00 @建築 | コメント:(0)

初めての鉄骨造。

2016/12/13
DSC_1235.jpg
"建築" という分野を職業とし、この歳になるまでやってきましたが
とりあえずの得意分野としましては、木造軸組工法。

"鉄骨造" という工法には、今まで不思議とご縁がありませんでしたが
ここに来て、初めての鉄モンを弄らせていただいています。



DSC_1239.jpg DSC_1240.jpg
なんせ初めてづくしなモンばっかりですから、恥もへったくれもございません。
あらゆる識者の方に図面の書き方、収まり具合等々を教えてもらいながら四苦八苦。
要領を覚えますと、これまた鉄は鉄で木造と違った面白さが見えてきます。


いくつになっても勉強ですナ。
死ぬまで現役じゃぁ~...............................( ̄^ ̄)ゞ

18:00 @建築 | コメント:(2)

釣ってやる。

2016/11/02
DSC_1044.jpg
鳴門市内某所の屋根のてっぺんにて。



storageemulated0SilentCameraSoft1476850643103.jpg DSC_1117.jpg
立地条件があまりにも良過ぎるため、
現場関係者である職人の皆さんは、休憩時間ともなると釣りに "ど必死" になります。
これがまた皆が釣り師なんですわ。^^;


DSC_1102_20161028163929981.jpg
さより。

DSC_1115.jpg
何をしてるのかと思いきや、、

IMG_20161027_161751.jpg
美味げなタコ!

DSC_1100_20161028163927b50.jpg
こちらはイカ釣り用のエギの数々。

DSC_1103_201610281641014ad.jpg
とりあえず、ボロッたですが一応ワタクシも竿はありますから
エギを適当に買ってきて挑戦はするものの、

DSC_1105.jpg
釣れるのは "藻" ばっかり。(爆)


20:00 @建築 | コメント:(4)

リクエスト。

2016/08/04
DSC_0563.jpg
暑いですな、本格的な夏ですな。
今年の暑さ "も" ちょっと激しいです。 熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

案の定、大阪マラソンに続き、神戸マラソンも落選。 楽しみが無いやないかい・・。
まったく、くじ運の無さには自分ながらに呆れとります。
なのでやけくそ!現在エントリー受付中の 『東京マラソン』 にエントリーしました。
「東京で走ってやるわい!」  (競争率は10倍程度だとか。^^;)



DSC_0577.jpg DSC_0578.jpg

DSC_0581.jpg DSC_0585.jpg

DSC_0589_201608020743521e3.jpg DSC_0591_20160802074352b4d.jpg
そんな猛暑な先の日曜日、嫁はんと娘のリクエストで、
わざわざ海を渡り、イオンモールへ行ってきました。(来春には県内にもOPEN予定)
UBSのエアコンが今一調子がよくないので、(コンデンサのセンサー or マグネットSW?)
結局ETCが付いてる嫁はん号のワゴンRで出動。
帰りにはお決まりの寄り道で、海苔の佃煮を買って帰りました。(3個で¥1080)
久しぶりに "たこせんべい" も堪能しとります。






DSC_0568.jpg
鳴門市内某所、敷地中央付近から北東方向を見た感じ。


DSC_0570.jpg
雑草だらけでよく分かりませんが、そのすぐ向こうは


DSC_0573.jpg
こういう眺望になっておりまして。


「是非ともこの眺望を生かす一風変わった建物を建ててちょうだいね!
別荘とか保養所みたいに、多少のリゾート感を出しつつも
一般のご家庭がごく普通に生活できて、ほなけども あまり所帯じみてなく
若い子育て世代も、50代、60代の方にも違和感がなく
一見、普通なように見えて、実は普通じゃない建物・・・みたいな感じ。」 


との内容で、某不動産業者さんからのリクエスト。


しかも、施主さん不在の建売の建物やし。(建売って難しいのよね)
敷地が海に面しとる言うても、面しとるのは100坪のうち、たった4mしかないしやで・・。
完成の暁には新聞の一面を使ってデカデカと広告出す言うしやで・・。


難しいわ、オイ!.............................っちゅうより、恥ずかしいわ、オイ!


18:00 @建築 | コメント:(0)

地盤調査をごまかす・・ってか?

2015/10/15
先般からニュースを騒がしている某都会にある某大型マンションの不同沈下。
よくよく内容を聞いておりますと、杭事業前の地盤調査のデータそのものを
あちらこちらで使い回していたとかで・・・・。@@
とてもじゃありませんが、信じがたい内容です。

我々が日々仕事としている一般的な木造住宅の建築。
現在は、そんな木造住宅の建築でも、地盤調査は必須であり、義務付けです。
平屋だろうが2階建てだろうが同じです。

その敷地が50坪でも30坪でも、木造住宅の場合は
最低限、建物の4隅と中央の合計5ヵ所を調査しなければなりません。
そしてそのデータを解析し、(解析専門企業の判定)
ダメ!・・・と判定された場合は、何らかの地盤改良工事が必要です。

地姿は全く同じに見えたとしても、
いざ調査をしてみると、その5ヵ所ともが同じデータになることは皆無です。
そんなことはまずありません。
50坪でも30坪でも、1ヶ所ずつデータは異なるものなのです。
(酷似している場合はある!)

どーなっちゃうんでしょうかねぇ・・・。
わたしにゃ全く想像つきません。^^;



・・・



で、神戸マラソン、大阪マラソンと連続して抽選に落選し
今度は当たるだろう!・・・と、タカをくくっていた愛媛マラソン!(競争率2倍)
なんと、その愛媛マラソンまで落選してしまいました。

と、いうこともあって、、
気持ちを新たに、『高知龍馬マラソン2016』 にエントリーしました。(2016.02.14開催)
こちらの大会は抽選ではありませんので、もう大丈夫!
http://www.ryoma-marathon.jp/index.shtml

高知かぁ!えっとぶりやなぁ!
しかし、パンフレットを読んでいますと、
「下駄では走らないでください。」 と、書いてあります。(笑)

きっと毎年、龍馬だけに下駄ランナーが多くいらっしゃるんでしょうねぇ。^^
18:00 @建築 | コメント:(2)

資格挑戦。

2015/07/13
昨日、『福祉住環境コーディネーター』 とか言う資格検定試験が行われました。

これからの高齢化社会。 建築は、「福祉」 と絡むことが激増するのではないか?
そのうちきっと役立つときが来るだろう・・・と考え、
実を言うと5年ほど前に、通信教育のユー○ャンさんで えらい高いお金を払い(爆)
教材だけは購入してたものの、一度だけダンボールのフタを開けただけで、
数冊の分厚いテキストやらDVDやら、高いお金に見あうほどの? その中身の豊富さに
逆にやる気が失せてしまい(爆)、開かずの教材としてずっと家に置いたままでした。


しかしながら、それではイカン!と、一念発起し 今春に受験申し込みをしたものの
そのダンボールを全く開けようとしないまま当日の朝。

せめて、試験当日だけはと思い、試験会場へ早めに乗り込み、、
クーラーかけたクルマん中で、パラパラと一通り目は通しました。(5冊分)


IMG_20150712_122001-1_20150713173035b83.jpg
無謀とは思いつつ、2級と3級を同時受験。(時間別)


IMG_20150712_121934.jpg
しかしアレですな。 ほんま歳とったもんです。
二十年ほど前の二級建築士受験のときには全く必要のなかった 「老眼鏡」 が必須で
問題の字はおろか、答えを書く手元のマークシートさえボヤケまくりです。

でね、ネットで色々と調べてみましたところ、理由は何やらよくワカリマセンが
2級より、3級のほうが合格率が低いんですよ。
実際出された問題も、その差はあまり感じませんでした。

一級建築士以来、約15年振りに挑戦した資格でありますが、、
早速、模範解答例なんぞがネットで出回っておりまして、
教材を購入したユー○ャンさんのサイトでも回答が掲載されていました。

2級、3級とも、100点満点中70点以上が合格となるようで
自己採点の結果・・・(問題は持ち帰り可能。自分の回答は問題に記入済み)


う~~~~ん、ん~~~~~~~~~~~~~~~ん。(爆)

2級3級とも、お盆明けごろに結果が発表されるようです。^^

(1級もありますが、2級保持者でなければ受けれません。^^;)


19:00 @建築 | コメント:(2)

伝統文化財的家屋のリフォーム。

2015/03/31
DSC_1207.jpg
なんとなく開花が遅れていたようなこちらも 29日に開花宣言が出たようです。
ただ、週末にかけて天気予報は無情にも雨。
一気に散ってしまうんでしょうかねぇ。


DSC_1205.jpg
暖かくなってきて我が家の犬も日向でノビノビするようになりました。




DSC_1197.jpg
DSC_1198.jpg
水ぬるむ吉野川中流域の某観光地。・・・の近くの土手の下。
こちらも満開!見事な黄色い絨毯。




IMG_20150327_194312.jpg
・・・の近くにある、伝統文化財的建物が立ち並ぶメインストリート。



IMG_20150327_194142.jpg
スケッ○時代には、ご縁が無かった歴史ある旧家のリフォーム。(築90年)

着工して半月が経過。
なかなか手ごわい。..................................が、これがまた なかなか面白い。
面白いと言うと語弊があるかも知れませんが、やりがいが抜群に大きく
そして楽しい!

今はまだ母屋本体は手つかずで、周囲に付帯する工事を施工中。
何もかもが思うようにいかないところに、これまた魅力を感じる。
さてさてこれからが本番。
大工さんの技と知恵、ほんでもってワタクシの微量な知識で立ち向かう!


自営での現場ではありませんので、詳しくは書けません。m(_ _)m



19:00 @建築 | コメント:(4)

スズメの巣。

2014/05/29
2014_05280006.jpg
5/18に上棟した某建築現場に............................

2014_05290010.jpg
この間から、枯れ草咥えたスズメがやってきては

2014_05290009.jpg
小屋裏の ちょうど棟あたりに せっせと "巣" を建築中。

2014_05290006.jpg
直下にあたる場所に 注意書きを大工さんが書いてくれてました。^^

"巣" を壊してしまうのも可哀想だし、
外壁下地を囲うまでに巣立ってくれたらいいのですが。 う~~ん.............どないしよ。^^;






2014_05290001.jpg
3ヶ月に一度ほどのペースで買う、某マラソン(ランニング)雑誌。 ・・・の付録。
そん中に色んなデータが載っておりまして。

4/20の "とくしまマラソン" では、5時間02分49秒だったのですが
全国津々浦々で行われるマラソン大会の "完走者の平均TIME" で見てみますと
自分のTIMEは、71歳(男子)の平均値らしいです...................汗。(5時間02分28秒)

ちなみに自分の歳で言うと(もうすぐ49)、完走者平均は4時間29分24秒とのこと。 @@
まぁ、選手じゃありませんので、TIMEが全てではありませんが
こういうのを知ってしまいますと、せめて平均値ぐらいで走れるようになりたいものです。
んが、ここ最近は暑くなってきて、モチベーションも下がりっぱなしなのよねぇ。(熱中症注意)
19:00 @建築 | コメント:(2)

TV出るゾ Ⅲ。

2013/05/22
日本全国、建築士なんぞ無数の蟻の如く存在しますし、
もっともっと先進的アイデアやデザインで名を馳せている方も多いですし、
誰もが知るような建築的TV番組に出るようなタイプとはちょっと違うと思ってましたし、
確かに必死になって考えて、必死になって創らせていただいたHさま邸ではございますが
「はて? 私なんぞがTVに出していただいていいものなのか?」..........というような
嬉しさを感じる前に、なんかこうちょっと "恐れ多い感" がありました。



で、本日のOA。
OA後、ディレクターさんがお電話で教えて下さったのですが、USA竜巻災害報道の関係上、
今回の放送に際し、編集した映像の全てが予定通り流れなかったということで、
恐縮そうにお話しをいただきました。(生放送ですから)

『建物内2階、ウッドデッキ、風と光のお話、手創り和紙・指物のお話、ビルトインガレージ』等々.........。
そういった内容のOAがもっともっと続く予定だったらしいんですが
時間の関係上、カットせざるを得なかった。・・・と、いうことでございました。

少し残念ではありますが、今回このようにお声掛け下さったこと、
また、施主であるHさまご家族をはじめ、関係者皆様方の一生懸命なロケ風景を
見させていただくうちに、人生のうちたった一度さえも起こりえないような有り難いご縁を
いただいたことを財産とし、今後の糧としていきたいと思っております。


2013_05180017.jpg2013_05180098.jpg
2013_05180060.jpg2013_05180110.jpg
ほんま楽しく有意義な2日間でした。 いい思い出になりました。
で............「一体自分が何を喋ってたのか?」TV見て初めて知ったのよねぇ。(汗)



・・・



ほんでね、、またもや信じられない出来事がございまして.....................。

docu0242_20130522172717.jpg

実は昨日5/21。 
他局(全国区)は某TV番組ディレクターさまより新たにオファーをいただいたんです。@@;;;
あまりにもそのタイミングが合致してましたので、今回の諸事情を説明しましたところ、
"全くの偶然" ということでした。

再びの実現かどうか??...........は別にして、
このような奇跡的出来事が連続すること自体ちょっと怖いです。
18:00 @建築 | コメント:(4)

TV出るゾ Ⅱ。

2013/05/17
2013_05010012.jpg
近所の田んぼも田植えが終わり、日によっては蛙の鳴き声も聞こえるようになりまして、
ふわ~ん・・と集団で飛び回る田舎特有の浮遊物(虫)も増えてきました。


1ヶ月前に書いた、ひょっとしたら某TV番組に出演させていただける・・かも知れないお話。
の続きでございます。

実は現在 "現地収録ロケ" が決行されている真っ最中でございます。
最初は全く信じていなかったこの夢のようなお話も、いよいよ現実味を帯びてきました。
「へぇ、こういう風に撮影するのね!」 ってな感じで見学させてもらってます。

しかし、放送される予定は番組内約20分間なのですが
それに対し、6名体制で丸2日間に渡るロケが行われています。
たった一つの短いコーナーの制作にも、その多大なプロフェッショナルな労力の結集と
事前に立てられてた緻密な計画には横で見ててもただただ感服するばかり。

一応、こんな私へのインタビューなんかも計画して下さってるようなんですが
まぁこればっかりは編集時にカットされる可能性もかなり大ですし........................。(汗)
絶対的主役はH様ご家族であり、ライフスタイルであり、そしてそのお家であり。


さて、ほんでもって、既に放映日まで決定してるそうでございまして。@@

5/22(水)放送の↓の番組でございます。(徳島は4チャン)
http://www.tbs.co.jp/hiru-obi/  
(放映枠は番組内約20分間..........時間帯は午後1時頃と聞いています)
(但し、突発的事件&事故&災害&その他が発生した場合は延期になるらしいです)


まずお家創りを依頼してくださったHさまに心より感謝。
以来5年.................雑誌からTVへと、度重なるように頂戴した 有り難いご縁に感謝。
そしてそういった取材事をご快諾くださったHさまへ再びの感謝。

こういったチャンスとでも言いますか、嬉し恥ずかし出来事も まず一生に一度。
よろしければTV観てやってください。^^;


18:00 @建築 | コメント:(4)

TV出るゾ。

2013/04/12
2013_04060007-1.jpg
ひょっとしたら某TV番組に出演させていただける・・かも知れないお話。

先般、大東京はTBS局よりディレクターさんが来徳されまして、
今回お話しをいただく対象の5年前に建築させていただいたHさま宅へご案内!
色々と詳しいお話、段取り的お話を聞かせてくださいまして、

....................で、"本決まり" になりました。
http://www.tbs.co.jp/hiru-obi/

ロケは某芸能人な方が来てくださって、2日間かけて行うらしく、(これが割と大掛かり)
放映日含め、それらの詳しい日程はまだ未定ですが、放映枠は約20分間。
あくまでも出演の主役はHさまご家族と そのお家なのですが
私へのインタビューもあるみたいで............。(ほんまかいな ^^?)



18:00 @建築 | コメント:(10)

18年。

2013/01/17
当時はマンションの4階に住んでたのもあり、
かなり強烈な横揺れで叩き起こされたことを、はっきりと覚えています。

普通の地震と思いきや、朝のTVで阪神高速が倒れている光景を見て
ショックを受けたというレベルは軽く超越し、かなりの動揺がありました。


2007_0202E-difence0046.jpg
こちらも見学させていただいて早6年。

2007_0202E-difence0048.jpg
超巨大実験棟の中は、

2007_0202E-difence0029.jpg
阪神淡路大震災と全く同じ揺れを再現できる加震装置の上に建てられた家屋。
白いヘルメット被った多くの人間が見下ろしてるの、分かりますでしょうか。

木造はある意味揺れて耐える。
柔らかすぎてもアカンし、固めすぎてもダメ。
そんなことを実物大で教えてくれた貴重な体験でした。


現在では法律によって数ある耐震金物をそれ相応に使用しなければなりませんが
昨今、そんな耐震金物に頼り過ぎるんとちゃうんかい!? という賛否両論もちらほら。

仮に一見頑丈に見える構造体だとしてもですよ、
巨大地震は一瞬にして その建物の弱点を見破って
人間が割り箸を折るように いとも簡単に柱をメキメキ折りながら
筋違いなんぞ無意味のように引きちぎり、釘やビスなどは見事に吹っ飛ばし、
接合部などは見事に木っ端微塵となってしまいます。(怖いけどマジです)

そんな "超自然への共存と抵抗" を仕事としていることが時折怖くなります。

早いもので、もう18年も経つんですねぇ。 ・・・1.17。(合掌)



・・・

2013_01170005.jpg
こっちは117の純正スプリング。(購入当時ついてたカット無し品)
現在、事務所の傘立てとして活躍中。
使い勝手は抜群です!
18:00 @建築 | コメント:(8)

見習わなければ。

2012/09/26
2012_0910y0001.jpg
こちら、昨年末にお引き渡しを終えた某様邸の駐車場。

当時、最後の工程だった駐車場コンクリート打ちを終えた後の乾燥中に
ニャンコに歩かれちゃったんですよね。

家族の手形など、、そういった "記念モノ" 以外の多くの場合、
たいがいであれば 「あ~あ、足跡が、、ありゃま残念・・。」 と なるのですが、

2012_0910y0002.jpg
こちらの方は逆にペンキを塗って、
「黄色が可愛いでしょ!^^」 と 楽しまれています。





..........................................





2012_0910y0016.jpg
先月8月にお引き渡しを終えた某様邸。

2012_0910y0019.jpg
最後に敷き詰めた白砂利に混ざった青い・・・石?

2012_0910y0018.jpg
お話しを伺ってみますと、「可愛くなるかな?」 と 思って
このガラス玉を撒いたそうです。(奥様談)


考え方次第で、また違った風合いになりますし、
オリジナリティをUPさせ、表情そのものも生き生きとしてきます。

2例とも、ほんの些細なことなんですが、スゴイ@@ と思いますし
こういうのって、見てても心豊かになりますね!

見習わなければ..........................。(汗)








2012_09250005.jpg
しかしまぁ、猛暑とか雨が多いとか残暑厳しいとか
多少は開花時期にも影響するんでしょうけど、
毎年お彼岸に合わせてピッタリ咲く彼岸花もスゴイもんですな!

秋だニャ~。
18:00 @建築 | コメント:(4)

崖の上の・・・。

2012/08/29
...................................拙宅から吉野川上流方面へ約1時間!

山と川に囲まれて、そりゃもう風光明媚な抜群のロケーション!!

なのではありますが、裏の崖がちと怖い。@@;;;


2012_0828kz0016.jpg
白い建物の真横にPLAN構築で現在悩み中。

ん??  が............崖の上のポニョ? ポ~~ニョポ~ニョポニョ・・・♪♪ (大汗)

オッサンではありますが、ジ○リ各楽曲、車で聴けます。(好きなのよ........^^;)

18:00 @建築 | コメント:(4)

スバル。

2012/07/25
ICHIRO の電撃移籍にはビックリしましたねぇ。
あのバッターBOX付近での深々と繰り返したおじぎには感動すら覚えました。

色々と書かれているようですが
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120725-00000020-spnannex-base
がんばっていただきたいものです。




昴。(以下、wikiより)

プレアデス星団の漢名。
和名はひらがなで、すばると表記する。別名、六連星(むつらぼし)。
http://www.city.ibara.okayama.jp/hosikarautyuuhe/H19/h20.1.html



そのプレアデス星団 (画像拝借)
subaru.jpg


スバル車エンブレム。(以下2つ画像拝借)
444.jpg

p2.jpg
よく分かりませんが、上が古いほうで下が新しいほう。(たぶん)

古いほうは、星団の配列を意識しているのが見てとれますが
新しいほうのは、全く無視?


スバル雑学。
http://www.ac.auone-net.jp/~sanpo/LEONE/l_zatu.html

エンブレムにもなっているシンボルマークは、昂(牡牛座に属するプレアデス星団)の
六連星をかたどったもの。
これは、富士重工業が6つの会社が合併して出来た事に由来する。

後年、各車種専用のエンブレムの導入が進められたことで、
六連星エンブレムはその存在感が小さくなっていたが、2000年のGMとの提携以降、
傘下企業のブランドイメージ向上を図る同社の意向もあって、全面的に復活。
全ての車種に六連星エンブレムが再導入されることになった。
また、合わせて富士重工業自体のシンボルマークも
以前の「フ」マークから六連星に変更された。



・・・一度は、スバリストになってみようかな!とか思っております。(汗)




エンブレムをもじるのは やっぱり辞めて、、
2012_0721o0008.jpg

2012_0721o0012.jpg
六連星ですので、シンプル六芒星を六個!(汗)
・・・と、いうことで 『テーマ=昴(宇宙)』 な 某物体製作を依頼。(指物)


来月完成予定のお家の施主さんのお子さんのお名前がね、、
『す○るくん』 なんですよ。^^ (0.5歳)
19:00 @建築 | コメント:(6)
 | ホーム | Next »