07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

犬&おでん。

2019/01/11
50をとっくに過ぎて、頭も相当固くなってきた証拠なのか
普段聴く音楽にしても、自分が20歳台前半によく聴いていた30年ほど前の楽曲ばかり。
今やもう懐メロですわな。(汗)

どーも最近流行りの若い方々の曲は、この固い頭になかなか浸透してこず
興味も湧かず全く見向きもしない状態でした。
なので、娘や息子が好きなイマドキのグループなどは 「誰?ソレ?」 と、当然未知の領域。

まぁ、昨年末の紅白で、かなりの話題になったこの方も知らないほどでしたから。



まさか同郷で、同じ高校出身者で、こんな有名な方がいらっしゃったのか。@@
紅白当日まで知らないレベルでした。(恥)

でも不思議なもので、たった10日間ちょっと過ぎただけなのに、
とても気に入ってしまいました。(汗)

もっぱら音楽を聴くのはクルマん中ばっかりですが
今の流行りの楽曲も、せめて1曲ぐらいはカラオケで歌えるようになりたいと
日々、クルマん中で繰り返し聴いてます。

娘や息子&嫁はんからは、「何を今さら・・・」 と、言われましたが
オッサン、頑張ります。(汗)

む、難しいっすわ、この曲。




で、ネット検索をかけてみたりしましたら、紅白の中継場所が話題になってるようで。
彼が歌ってたのは、上から2番目画像のホールです。
http://k-sketch.cocolog-nifty.com/blog/
昔書いてた、旧ブログを一時的に復活させました。

ただ、書いてる内容は、ほぼ前記事と同じだったのには自分でも絶句。(犬&おでん)
8年も経過してるのに、やっぱり自分の頭は固いままでした。

今との違いは、自分と犬が8歳若かったことと、おでんのダシの濃さだけ・・・。(=∀=)
スポンサーサイト



17:00 @音楽 | コメント:(2)

Puff。

2015/01/28
もうすぐ高校を卒業する息子が小学校の頃から撮りためておいたDVDを
(地元ケーブルTV局で編集され放映されたモノ.....................を纏めたモノ)
家族で懐かしみながら眺めておりましたところ、小学3年生時の合唱曲。

このやさしいメロディ...........................確かワシも日本語で習った気がするなぁ。



Puff,the magic dragon
作詞・作曲:P.Yarrow&L.lipton

Puff, the magic dragon lived by the sea
(魔法の竜パフは海のそばに住んでいました)
And frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee,
(秋の霧が立ち込めるホナリーという島で遊んでいました)
Little Jackie Paper loved that rascal Puff,
幼いジャッキー・ペーパーはイタズラ好きなパフが大好きでした)
And brought him strings and sealing wax and other fancy stuff. Oh
(紐やロウやおもちゃを持っていつも遊びにやってきていました)

Puff, the magic dragon lived by the sea
(魔法の竜パフは海のそばに住んでいました)
And frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee,
(秋の霧が立ち込めるホナリーという島で遊んでいました)
Puff, the magic dragon lived by the sea
(魔法の竜パフは海のそばに住んでいました)
And frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee.
(秋の霧が立ち込めるホナリーという島で遊んでいました)

Together they would travel on a boat with billowed sail
(二人は帆を張った船で旅に出ました)
Jackie kept a lookout perched on Puff's gigantic tail,
(ジャッキーはパフの大きな尻尾の上で見張り役です)
Noble kings and princes would bow whene'er they came,
(高貴な王様と王子様は二人に会うとお辞儀をしました)
Pirate ships would lower their flags when Puff roared out his name. Oh!
(パフが名前を大きな声で言うと海賊船は旗を下ろしました)

Puff, the magic dragon lived by the sea
(魔法の竜パフは海のそばに住んでいました)
And frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee,
(秋の霧が立ち込めるホナリーという島で遊んでいました)
Puff, the magic dragon lived by the sea
(魔法の竜パフは海のそばに住んでいました)
And frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee.
(秋の霧が立ち込めるホナリーという島で遊んでいました)

A dragon lives forever but not so little boys
(竜の命は永遠ですが少年はそうではありません)
Painted wings and giants' rings make way for other toys.
(ペイントされた羽根や大きなリングはやがて他のおもちゃに変わってしまいます)
One grey night it happened, Jackie Paper came no more
(ある灰色の夜にジャッキーはとうとうやってこなくなりました)
And Puff that mighty dragon, he ceased his fearless roar.
(強い竜のパフは大きな声でほえることをやめました)

His head was bent in sorrow, green scales fell like rain,
(パフは悲しみでうなだれ緑の鱗は雨のように剥がれ落ちてしまいました)
Puff no longer went to play along the cherry lane.
(パフは大好きだった桜の道にも行かなくなりました)
Without his lifelong friend, Puff could not be brave,
(大事な友達無しではパフは勇敢でいられません)
So Puff that mighty dragon sadly slipped into his cave. Oh!
(強い竜のパフは悲しそうにほこらに帰っていきました)

Puff, the magic dragon lived by the sea
(魔法の竜パフは海のそばに住んでいました)
And frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee,
(秋の霧が立ち込めるホナリーという島で遊んでいました)
Puff, the magic dragon lived by the sea
(魔法の竜パフは海のそばに住んでいました)
And frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee.
(秋の霧が立ち込めるホナリーという島で遊んでいました)




・・・以下、wikiより抜粋

『パフ』(原題『Puff, the magic dragon』)は、アメリカのフォークソンググループ
ピーター・ポール & マリーによる楽曲。日本では童謡として親しまれている。
1963年にレコーディングされ、大ヒットした。

歌詞は、不老のドラゴンパフと少年ジャッキー・ペーパーとの交流と別れを描いている。
舞台はおとぎの国 Honah Lee の海。
『パフ』の名前はドラゴンの不思議な鳴き声に由来している。

一説では少年ジャッキー・ペーパーがパフの前に現れなくなったのは
ジャッキーがベトナム戦争に行き戦死したためだと解釈される。
この解釈によりこの曲は反戦歌とも考えられる。


『パフ』は小学校三年生向けの音楽教科書に掲載され、
また幼児向け番組で放映されるなど子供向けの切ない曲としての印象が強いが、
この曲をフォークソングとして知った世代にはベトナム戦争に関わる
反戦歌と受け取られていることも多い。
1985年10月9日にナッシュピルで行なわれたコンサート
「Peter, Paul and Mary 25th Anniversary concert」にて、ピーター自らが
「歌詞の解釈に誤解があるようだが、子どもの成長の歌だ」という内容のコメントをしている。



吉田拓郎バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=rnuoCJpkYeA
石川ひとみバージョン ← 可愛いですナ。^^;
https://www.youtube.com/watch?v=fA_nc9pUBkQ
由紀さおりバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=4S-JHrTWW4c


ギターコードはこちら。^^
http://ja.chordwiki.org/wiki/Puff+the+magic+dragon
18:00 @音楽 | コメント:(2)

キャンディ。

2014/03/11
以前、前BLOGで一度書かせていただいたことがある。
中学生時に聞いてた深夜ラジオから、なんとも可愛らしい歌声が流れ一気にファンになった。
35年ほど年月が経過したが、今も時々思い出したかのように同曲を懐かしく聴いております。





以来変わらずご活躍だったようですが、昨年11月16日にお亡くなりになられていた。
知らんかった.............。ご冥福をお祈りいたします。



川田 恵子(かわた けいこ 1958年8月29日 - 2013年11月16日)は、
関西を中心に活動していた女性タレント・シンガーソングライター。
かつては大阪テレビタレントビューロー(TTB)に所属していた。

愛称は「キャンディ(キャンディー)」「お恵(けい)さん」。

1979年に『とべとべヤングABC』(ABCラジオ、通称「とべヤン」)のオーディションに
合格したことを機に、同番組のアシスタントとしてデビュー。
その後は、1986年10月から1989年3月まで、
ABCラジオの『おはようパーソナリティ道上洋三です』で5代目のアシスタントを担当。
以降も、同局を中心に、多数のラジオ番組でパーソナリティやアシスタントとして出演した。

「とべヤン」のアシスタント時代の1979年に、同番組の企画でシングル曲
「最後のフレーム」をリリース(「キャンディ」名義。
同番組と次枠番組『ABCヤングリクエスト』で人気を博した。
2008年にアシスタントを務めた『浦川泰幸のとっておき情報』では、
京都の話題を扱うたびに、「祇園恵子(ぎおん けいこ)」というキャラクターを披露。
「へぇ、ぎ・お・ん けいこで ございます」という挨拶とともに、
芸妓言葉を真似ながら情報を紹介していた。

2013年7月6日からは、ABCラジオの深夜番組『もうすぐ夜明けABC』において、
土曜深夜(日曜早朝)放送分のパーソナリティを1人で務めていた。
しかし、持病の長期療養を理由に、同年9月7日放送分で降板した。
『もうすぐ夜明けABC』降板から約2ヶ月後の2013年11月16日に脊髄神経膠腫で死去。
55歳没。
同月17日未明に放送された同番組で、
川田の後任パーソナリティ・松葉沙矢佳が川田の訃報を伝えた。
また、同日にABCラジオが開催したイベント「ABCラジオまつり」では、
会場の万博記念公園に急遽祭壇が設けられた。


以上、Wiki より。
18:30 @音楽 | コメント:(0)

YAMAHA APX-6S。

2012/04/15
なんかここ最近、5月病?にはちと早い4月病?? 新入社員じゃあるまいしねぇ.......。
おまけに毎年桜が終わりGWにかけて自分を襲う花粉症。(ただの雑草)
クシャミは出るわ、頭も重いわ...............。

しかしアレですな。できることなら頭ん中は常々シンプルにしとかなアキマセンな。^^;





【YAMAHA APX-6S】

発売 1987年10月  販売終了年 1994年  発売当時価格 60,000円


IMG_7297.jpg
ほんなこと言いながらも........................物欲にはコロッと負けてしまいました。
ちと古い (相当古い) 中古品やけど「Y」で極上品を見つけたのです。


先般荷物が到着し、厳重な梱包をたまらずバリバリと破く。(子供か・・!)
「おぉ!!」 出てきた真っ黒いボディはピカピカ! 傷らしい傷も見当たらない。
フレットの減りもネックの反りも無く、弦高も割と低くけっこう弾きやすい感じ。
販売終了から18年経過してるモノにはとても思えません。
私にゃコレでも上等すぎます。(かな~~りお安かった。諭吉さん約一名。^^;)

ピックアップが最初から内蔵されている 初めての 『エレアコ』。
そのままシールドでアンプに繋げば 「ビヨヨ~~ン」 と音が出る♪

オレンジのアンプは前から持ってましたが、コレも激安中古品。



(画像拝借)
2012021119360588b.jpg
ほんとは、同じじゃなくともTAKAMINE↑のが欲しかったんですけどね。
凡人下手っぴには到底手が出ない、永遠の高嶺の花です。
............でも、いつか やっぱり欲しいナ。


TAKAMINEを愛用する有名アーティストの方たち。(海外&国内)
http://www.takamineguitars.co.jp/artist/index.html
(BON JOVI さんもいらっしゃいます)


でも、かつてこのお方も、(画像拝借)
img_1507953_64261316_1.jpg
今回買ったのとよく似たのを使ってた↑時代があったんですよ。
確か...........【APX-50S】 (1988年、発売当時定価50万円).........を、さらにカスタム。


「パッと見は一緒に見えるでしょ。パッと見は。中身は全然ちゃうけど。」 ^^;



6426.jpg
.........................しっかし、えらい変わったもんだな。@@(画像拝借)






(おまけ)
2012_04140001.jpg
昨日、小さい小さい必殺技な小道具が届きました。
さて、救世主になってくれるのか!

18:00 @音楽 | コメント:(6)

ハーモニカ。

2012/03/26
2月末、某大病院へ行ってきました。(以前、お偉い教授にPと言われたトコです)

この病院はもうこの日で最後にしようと思っていた私は(実際最後にした)
今までとは違い、お偉い先生に対して 波動砲を発射してみました。(笑)

結果、、『そうですねぇ、まぁ初期段階のPでしょうかねぇ・・?』 と、
ちょいと悔しいですがPいう診断は覆りませんでした。(・・・でも信じていない。 汗)
おまけに、『まぁ往生できる可能性も残っていますからねぇ。』...................だとさ。
(ほんな事までいちいち言わんでええわ.......ほっとけっちゅうねん)



WEB社会という恩恵もあって、まだまだ確実性には辿り着いてませんが、
以来8つのきっかけ?と言うか、ヒント?を見つけてます。

1時間かけて病院行って、1時間待って、診察はウルトラマンの如く3分!
その貴重な3分でお偉いお医者さんにヒントを求めても何一つ教えてくれません。
何を尋ねても 「そ~ですねぇ・・・」 の後に言葉が続かんのですよ。
もうね、そういうのを2年続けたらイヤになってしもぅたんです。

一患者側から生意気言わせていただきますと、、
ちょろっと診察して、処方箋出して、ハイさいなら。またネ!
おまけに何聞いたとて本気で応えようとしてくれない。......ほれで医療か?医者か??

上等じゃわ...........自分で治したるわ。

ほなけんね、自分で色々探って実行するしか方法がないのです。
これが悲しいかな現実なんですよ。 


まず一つ目!

現場で飲む缶コーヒーもブラック、又はカロリーゼロにしたしな。 うっひっひ・・・。(爆)


以前このことで色々とご心配いただき、
コメントやDMを賜りました皆様、その節はありがとうございました。m(_ _)m
私は大丈夫です。^^ゞ


そうか!...............結局は自分がお医者さんになってたらヨカッタんやな。(大爆)
今から?遅いわな.............。(汗)



んで、その病院の帰り道、ちょいと遠回りして
2012_02290002.jpg
徳島市内、某老舗楽器店。

昔足しげく通ったお店にハーモニカを買いに行きました。(30年ぶり)

店主のおっちゃんは、かなり歳を重ねてはおったのですが、
それでも当時の面影もあり、同じおっちゃんでした!

楽器店特有の空気感と香り、ほどよい緊張感と新鮮さもあったりで。



IMG_7071.jpgIMG_7072.jpg
で、 『A』 『A♭』 のハーモニカ2つと、首から下げるホルダーを購入。
『A♭』 のだけが どっか行って無くなってたんです。

しかし、この国内メーカー製の某ハーモニカ。
奥が30年モノ。 手前が新品。 
形、デザイン、字体までが、今もそのままでした。........................流石。

http://www.tombo-m.co.jp/harmonica/index.html 

でもケースは昔のが便利でヨカッタなぁ。(横に連結できた)

お値段は、30年前が¥2,000/個。 現在¥3,675/個。@@
最初から2つ買うつもりでいたのですが、一瞬躊躇してしまった。(汗)


楽器屋さんでこういうの いっぱい見てしまうとアキマヘンな。 物欲が・・・・。^^;

EF341SCBL-thumb-378x900-244.jpg
19:00 @音楽 | コメント:(10)

聴く。

2012/02/25
こんなチャンスは、もう二度と無いかもしれません!

実際に宇宙に滞在した方の宇宙のお話しが聴ける。

docu0194.jpg

と、いうこともあって、
少年の頃の夢の一つが "宇宙戦艦ヤマトの乗組員" (現実になると思ってた。 爆)
だった筆者は、一目散に申し込みました。


IMG_7066-1.jpg
これでバッチリ!(11番目?)
古川さんの宇宙のお話が聴けるだけでウキウキしてきます。
たぶん、映像等々も多少は出てくるでしょうし。^^


IMG_7069-1.jpg
ほなってね、こうやって いつも宇宙から地球眺めてますから。(笑)


上の某ローカル新聞をご覧になった方はもうご周知かと思いますが
先着順300名までです。(参加無料)

↓こちらからでも応募できますよ。^^
http://www.jaxa.jp/press/2012/02/20120221_furukawa_j.html
ご興味のおありの方はお急ぎを....................! たぶんすぐ埋まるかと。









昨夜は某歌番組にかじりついて、【ひとつ】 をしんみり聴いておりました。

ユーチュー○のサイトでは、既にものすごい大量のコメントが書かれており

「震災で肉親を失ったがこの歌で元気になれました。」
「やっぱり長渕最高。」
「この曲で初めて長淵のファンになりました。」.....................などなど。

(でも悲しいかな、批判的なコメントもあり残念でした。)



日本で多々ある楽曲の中で復興支援ソングと言えそうな感じのものは
Qちゃんの 【上を向いて歩こう】 と、この 【ひとつ】 ぐらい?だと思います。(筆者考)

しかし、「復興支援ソング」と分類することはあまり好きでもなくて
要するに、皆それぞれのおかれている立場によって、歌詞の捉え方も違うはずですし
その楽曲を聴くことで心が癒されたり、また元気を取り戻したりすればいいのかと。

"NAGABUCHI"は、きっと必死になって そのお手伝いをしてくれているんだと思います。



この 【ひとつ】 を聴いていましたら、昔の某曲が脳裏をよぎりました。


当時付き合っていた女性と無理やり別れさされて、でも偶然に東京で再会して、
やっと会える機会が来たのに彼女は自死してしまったんです。

実話です。

是非とも最後までお聴きになってみてください。
17:00 @音楽 | コメント:(8)

千春。

2012/02/23
"NAGABUCHI" → "ちゃげあす" と、きたら 千春を忘れてはイケマセン。(汗)


前々記事から.................一年後。
高3になっての文化祭は、一人で千春をすることにしました。

(ほんまは剛したかったんやけど、どうしても剛派が多くてカブルのよね。)


2人ならまだしも、1人はほんまに緊張するし、失敗したら丸分かりやし、
『恋』 のハーモニカを 「パァプ~~ゥ♪」 って、吹きはじめた時、
緞帳がゆっくり上がっていった様子は今でもハッキリと覚えてますが、
それから後のことは、頭真っ白だったので全く記憶がありません。(ド緊張)


こんな文化祭ではありましたが、出るには一応 『予選』 ってのがあってね、
先生やら生徒やらが審査するんですよ。教室で............。(笑)

2年の 『ちゃげあす』 ん時の予選は、たしか 『ひとり咲き』。
3年の 『千春』 ん時は、『電話』 を歌いました。(1年は自動的に出場不可)
この 『電話』 って曲、ほんま好きだったんですよ。


やったのは下3曲です。 今となっては どちらともよき想い出です。^^







............で






今更ながら気がついたんですが、↑2曲をBGMに流してますと
PLAN図面の立案時など、滅茶苦茶はかどるのですよ。@@
いつもは悩んでも悩んでも、なかなか 「コレじゃ!」 っちゅうんが浮かばんのですけど
不思議といつもの3倍速ぐらいで脳みそが回転します。@@
使用する思考回路の脳波との相性がいいんでしょうかねぇ...................。^^

いやね、この2曲のおかげで、ええPLANが書けて喜んでいただけたのよね。(汗)







(NAGABUCHIおまけ) ........まだ白髪は無いゾ。(爆)

docu0190.jpg
↑ 筆者高3時(卒業前)。こん時の音源です。(奇跡的にカビってなかったカセット)
まだ両手指がいうこと利いてくれてた時代。^^;

流石に歌は恥ずかしいので ^^;、超下手っぴ "巡恋歌" のイントロ&エンディングだけを少し。
当時の、'81LIVEバージョンを真似て筆者アレンジでやってみたんですが、
今改めて聴くと実に単調やなぁ。(大笑).......でも当時はこれでもド必死なのよ。^^;
鼻息も荒いし。笑わないでね。(爆)



で、探してみたんですが、その '81LIVEバージョンがありませんでした。
...................んが、
その "コピー" を ↓されている方がいらっしゃいました。(上手い!)
http://www.youtube.com/watch?v=B8gSUk0H9JE
でも筆者も、この頃これぐらいは指も動いてくれてたのよ。^^ゞ


この方も、イントロ&エンディングだけです。
エンディングを比較していただくと、筆者の "ひつこいアレンジ" が分かるかと。(汗)
なお、筆者のほうは 「ミュート」 という技は割愛しています。(笑)

*ミュート = 掌を弦にあててわざと音を消す技法。


なお、最初期の本物の "巡恋歌" はこちら。↓
http://www.youtube.com/watch?v=BKVsYrnLXb8

え~、ほんで最近の本物の "巡恋歌" がこちら。↓
http://www.youtube.com/watch?v=m_qIGMbL_bQ&feature=related

えっ?変わりすぎだろ!・・・・・って?   一緒ですよ。^^




え~~~、"NAGABUCHI情報" (笑)

明晩2/24(金) 某歌番組に生出演するようですので、筆者はかじりつきます。
たぶん真っ黒なアコギと思われます。(欲しいのよネ。^^;)
19:00 @音楽 | コメント:(4)

ちゃげあす。

2012/02/18
え~~、しばし "NAGABUCHI" で引っ張ってましたので......................。


................1979~1988  『チャゲ&飛鳥』
................1989~1990  『CHAGE&ASUKA』
................1990~2000  『CHAGE&ASKA』
................2001~      『CHAGE and ASKA』
................で、現在無期限活動休止中。

過去4度ほど字体が変わってますが、『ちゃげあす』 は 『ちゃげあす』 です。


筆者高2の時、友人Kと 「文化祭で、ちゃげあすやろう!」 ということになって
タイミングよく、その 『ちゃげあす』 のコンサートが文化センターであり、
事前研究ではないですが、男2人(汗)で、本物を見に行きました。


徳島文化センターは、決して広くもなく収容人員1100名程度の小さなホールですが
デビュー間もなく まだたいして売れていなかった?? 『ちゃげあす』。

「うそだろ?」 と 思われるかもしれませんけど、
その小さな文化センターの1/3ほどしか入ってなかったんですよ。> お客さん。

でも流石プロ! ものすごかったですよ、ギターテクも歌も。@@


また、筆者がギター抱えて初めて人前で歌ったのは、『万里の河』 だったりします。
(中3時。ギターは覚えたてのダウンストロークのみの超下手くそ。)






aria.jpg
きっかけはどうであれ、負けじとズンチャカポロポロやってまっせぇ!
(20歳で限界を知り(爆)、弾くのをスッパリ辞めましたので26年振り。)

んが、左手人差し指のデッカイほうの関節をグッと曲げると激痛。(まさか腱鞘炎?)
いきなり指痛めて.............バカだねぇ。



で...................................上の作業服から30年前。




唯一一枚だけ現存する高2当時の写真。^^; (徳島〇業高校文化祭。by 1982)
docu0187.jpg
もうね、一緒にやった友人Kがね、そりゃもう他校まで轟く超イケメンでしてね、
カメラのフラッシュが、右側ばっかりで光るもんやから惨めなもんだったんですよね。
恨めしそうに右側向いてるでしょ.............。(自爆)
(こん時の音源は残っていません。)


当時の、その超イケメンな野郎は、左にもリンクしておりますが 【BAR SCAPER】
現在某所にて、オーナーバーテンダーやっております。(お店の工事はワシがした!)
どんなに超イケメンかは、直接お店へ行ってカクテル呑みながら確認してくだされ。^^;

または、つい先日2/16の某ローカル新聞に入っていた、【SA○ALAのP13】。
BAR特集がされてる真っ黒なページがございます。
そのページの左上の 『A』 が、野郎です。30年前を想像しながらご覧くだされ。^^;;;


とにかく、そのイケメンKと一緒に、放課後になってはスタジオ借りて
「こう弾くほうがカッコええんちゃうん?」 と 必死に練習したことを思い出します.........。




当時文化祭でやったのは、以下3曲。(2番目のは "悲炎" という曲)









昔の 『ちゃげあす』 は、上の "エピローグ" 含め  『ちゃげ』 のメインボーカルで、
深~~いモノ静かな名曲もけっこうあるんですよね。

↓は 『嘘』 というチャゲの名曲。(次第と声が若く遡る編集がいい! この曲好きなのよ。)



コレ!というネタもございませんので、しばらく音楽系でいきます。^^;


~高3編へ続く~  (汗)

19:00 @音楽 | コメント:(4)

小太鼓。

2012/01/13
しかし最近はえらい冷えますナ! お風邪など召されていませんかぁ!

年明け早々、有り難く某リフォーム工事を進めておりますが、これまた寒い。

ニット帽&ネックウォーマー&ジャンパー&さらにジャンパーで凌いでますが

モコモコになってしまって、流石に動きにくいですナ。(笑)




え~~~~~~、実は今年から、新しく始めようと思っていることがあるのダ!

http://www6.ocn.ne.jp/~kazura/
↑ こちら。^^ゞ (まだ1回も練習行ってないけど。 大爆)


narimonoimage_1_s.jpg

え~~、ワタクシ、アコースティックギターは、自分で言うのもアレですが
まぁそこそこ恥ずかしくない程度に弾けておりましたが、多少であればドラムも叩けます。
あ・・・いや、叩けてました。(簡単な8ビート程度ネ。^^;)
(↑ 両方過去形ね!)

・・・・と、言うことで、小太鼓志望!^^ (大太鼓、重いらしいんよ。汗)
19:00 @音楽 | コメント:(4)

紅白のNAGABUCHI。

2012/01/04
新年になって早数日。
今年もまた、あっと言う間に終わってしまうんですかねぇ。

2012_01030001.jpg
今年の年初に携帯のストラップを変えました。

昨年は、ここには到底書けない内容の出来事が起こったりしまして
自営業の危機が訪れたのも事実であります。

自分自身の気持ちを強く持ち、高いモチベーションを持続させることが
最も大事であって、、いつもいつも神頼みばっかりではイカンイカンとは思うのですが
今年は鞍馬のパワーに身近にいていただくことにしました。(汗)



で、、見ましたぁ~~? 紅白のNAGABUCHI。
(KARAのおかげで紅組勝ったけど。^^;)


私は中学時代からアコースティックギターにのめり込んでしまい
ロクに受験勉強(高校)もせず、NAGABUCHIのコピーばっかり必死こいてました。(笑)
当時の目標はライブバージョンの巡恋歌の完全マスター。

NAGABUCHIのライブにも数え切れないほど行き、その "テク" にため息が出たものです。
今も時々聴いてますが、とにかく頭ん中は昔に逆行してますので(笑)
その歌い方も風貌も変わってしまった今、聴くのは昔の曲ばっかりです。


2012_01040003.jpg2012_01040005.jpg
必死でバイトして買った一つのギターは大事に置いておりますが、、
もう若い頃のように指も動きませんし、昔のようには弾けません。


ほんでね、紅白のNAGABUCHIを見てたら、被災地からの中継も
ある種衝撃をうけ、わしもガンバラナアカンと思いましたし、
金髪だった髪を黒く戻し、サングラスも外し、マッチョな身体はそのままですが
なんだか昔懐かしいNAGABUCHIを見てるようで嬉しかったんですよね。




ちなみに一番好きな曲は "素顔" です。↓
http://www.youtube.com/watch?v=JQ61f-H99dQ&feature=related
この頃が一番ヨカッタなぁ。(ぼそ)


「さぁ!明日から頑張って仕事じゃ!」



(おまけ)

IMG_6722.jpg
今日、前記事の3パーツを取り外してみました。
常々冷却水に浸かっているセンサー部が錆?カビ??っぽく汚れてましたので
軽く1500番のペーパーで磨いた状態です。
さて、、出るかな。^^?
17:00 @音楽 | コメント:(0)

さらばミシシッピー。

2011/10/14
昭和から平成になって早23年も終盤。

最近よく家族から突っ込まれるのですが、"普段聴く楽曲" に関して

どうやらワタクシの頭ん中は、昭和から脱皮していない! ・・・らしいです。


「ほらほーじゃ! わしゃ昭和生まれじゃ!」



L-380Am.jpg
1980/11/28発売。



31年前、ワタクシがちょうど今の息子の歳に流行った名曲。

小気味いいビートに、痺れるようなかすれ声。

「うわぁ!この人かっこええなぁ!シブイなぁ!」
「わいもエレキ欲しいなぁ。弾いてみたいなぁ!」 

と、感動したのを覚えています。




寂しいですね。・・・合掌。







(おまけ)

今日のような豪雨や台風の浸水から117を守るべく、現在某構造物製作中。

2011_1008a0001.jpg

19:00 @音楽 | コメント:(4)
 | ホーム |