10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

KOBE&AWAJI。

2011/11/28
hanadokei.jpg
キレイな花時計と、

kanransha.jpg
観覧車があるSAから見る、、

hinode.jpg
初日の出はかなりの人気だそうだが、、

kanransha2.jpg
コレには怖いので乗ったことは無い。

obachan.jpg
そのSAからすぐ、下道で一年中炭焼きしている おばちゃんが焼いた、

anago.jpg
このアナゴは はっきり言って、めちゃ旨である。

ferii.jpg
こういった眺めを見ながらのアナゴは これまた最高である。(今はなきタコフェリー)

takopan.jpg
また、そのフェリーで売られていたこちらのパンも美味。

shinsai.jpg
幸いにもフェリーが流されるような津波はなかった阪神淡路大震災の、

shinsai2.jpg
震源地真上に建つ建物は、現状保存されており屋内は斜めになったまま。

nojima.jpg
その震源地は、神戸じゃなくて淡路島は野島断層。(北淡町)

meriken.jpg
野島断層同様、メリケン波止場でも崩れた港を一部そのままにしているが、

kobe.jpg
よくぞ、

kobe2.jpg
ここまで、、

kobe3.jpg
復興を果たしてくれたものである。ガンバレ東北。

uontana.jpg
そんな神戸では、当然 蛸もお安く買えるが

glico.jpg
チョコレートについて学べたり、、

135.jpg
日本標準時刻の東経135度子午線から景色を眺めたり、、

orientaru.jpg
そう安々と入れるような財務状況でもないが

orientaru2.jpg
徳島には無い、たまにはこんなトコでの飯もいい。

kura.jpg
でもやっぱりウチにはこっちダ。

ikageso.jpg
コレと

tubugai.jpg
コレがあれば、自分は幸せ。

arima.jpg
そんな寿司を食ったあとは、、

arima2.jpg
有馬へ行くのもよし。

sumoto.jpg
はたまた、洲本温泉の

sumoto2.jpg
足湯に浸かるもよし。

takadayakahei.jpg
ここまで足がデカイと足湯もビックリ。

kaidan.jpg
でもデカイ足も役立つ階段のあるお花畑は、

ando.jpg
安藤忠雄設計。

neko.jpg
設計と言えば、この建物もなかなか充実してるし

kiseki.jpg
これら植栽の配置設計も

kiseki2.jpg
やはり難しいだろう。

tamanegi.jpg
この名産品を作るのも難しいだろうし

takosen.jpg
やはりこちらの美味煎餅も熟練の味かと。

ekiben.jpg
また、このような名産の味をいただきながら

shinkobe.jpg
東京へ行くこともできるし

narutokaikyo.jpg
真逆に我が鳴門を眺望することも可能。

michinoeki.jpg
そんな眺望を見ながらの、名物のタコカレーがお薦め。

biwaroru.jpg
お薦めと言えば、この『びわロール』も美味しくて、

sumadera.jpg
一風変わった感じがする須磨寺もいい。

akashikaikyo.jpg
「そんな神戸・淡路が大好きダ!」


もう、フタ昔半前になるが、、
19・20歳の大阪(茨木)にいた頃は、帰省するのに6時間ほど必要だった。

R171・R43・R2を約2時間。 神戸、又は大阪南港からフェリーで3時間半。

それが今はどうだ。
ウチから1時間で本州へ渡れる。
茨木どころか、2時間ほどで京都まで行ける。

二つの大橋のおかげで、行動範囲が広がってとても嬉しい!

スポンサーサイト



19:00 @風景 | コメント:(6)
 | ホーム |