01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

聴く。

2012/02/25
こんなチャンスは、もう二度と無いかもしれません!

実際に宇宙に滞在した方の宇宙のお話しが聴ける。

docu0194.jpg

と、いうこともあって、
少年の頃の夢の一つが "宇宙戦艦ヤマトの乗組員" (現実になると思ってた。 爆)
だった筆者は、一目散に申し込みました。


IMG_7066-1.jpg
これでバッチリ!(11番目?)
古川さんの宇宙のお話が聴けるだけでウキウキしてきます。
たぶん、映像等々も多少は出てくるでしょうし。^^


IMG_7069-1.jpg
ほなってね、こうやって いつも宇宙から地球眺めてますから。(笑)


上の某ローカル新聞をご覧になった方はもうご周知かと思いますが
先着順300名までです。(参加無料)

↓こちらからでも応募できますよ。^^
http://www.jaxa.jp/press/2012/02/20120221_furukawa_j.html
ご興味のおありの方はお急ぎを....................! たぶんすぐ埋まるかと。









昨夜は某歌番組にかじりついて、【ひとつ】 をしんみり聴いておりました。

ユーチュー○のサイトでは、既にものすごい大量のコメントが書かれており

「震災で肉親を失ったがこの歌で元気になれました。」
「やっぱり長渕最高。」
「この曲で初めて長淵のファンになりました。」.....................などなど。

(でも悲しいかな、批判的なコメントもあり残念でした。)



日本で多々ある楽曲の中で復興支援ソングと言えそうな感じのものは
Qちゃんの 【上を向いて歩こう】 と、この 【ひとつ】 ぐらい?だと思います。(筆者考)

しかし、「復興支援ソング」と分類することはあまり好きでもなくて
要するに、皆それぞれのおかれている立場によって、歌詞の捉え方も違うはずですし
その楽曲を聴くことで心が癒されたり、また元気を取り戻したりすればいいのかと。

"NAGABUCHI"は、きっと必死になって そのお手伝いをしてくれているんだと思います。



この 【ひとつ】 を聴いていましたら、昔の某曲が脳裏をよぎりました。


当時付き合っていた女性と無理やり別れさされて、でも偶然に東京で再会して、
やっと会える機会が来たのに彼女は自死してしまったんです。

実話です。

是非とも最後までお聴きになってみてください。
スポンサーサイト



17:00 @音楽 | コメント:(8)
 | ホーム |