04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

さよならUBS。

2012/05/02
今から12年前、欲しくてたまらなかったいすゞビッグホーン。
ちょいと遠かったけど愛知県まで新幹線に乗って試乗しに行き、購入を決めた中古車。
以来12年間、仕事に遊びにとあちらこちらに連れて行ってくれたUBS。
色んな思い出もギッシリ詰まっています。


3100CCのインタークーラーディーゼルターボは、とにかくトルクフルでして
ヒュイ~ンとタービン音を出しながら、街乗りも高速道路も楽チンそのものでした。


色々と小改造と言いますか、拘って弄った部分も少々。
プレジールという下級グレードでしたので、ステアリングもお安いウレタン製。
ソレを上級用の革巻きに変更したり、、、F間欠ワイパーを無段階調整にしたり
その逆でRワイパーは間欠しか無かったので、リレー配線をバイパスさせて
トグルSWをかませ、連続拭きを可能にしたり、KONIショックを入れてやったり、
まだ小さかった子供らのために、リアシートリクライニングレバーを自作したり
(リクライニングレバーそのものが存在しない @@)
最終型と同じオーディオとFアンダーミラーに変更したり、アルミ換えたり、
エアクリーナーを湿式タイプに換えてみたり、スピーカー換えてみたり、

内容はたいしたことないですが、117に継ぐぐらい自分の気持ちを注入できた一台でした。


ただそれなりに維持費も掛かるのは必然でして、お高い税金や
UBS含め3台分の上乗せ保険料&税金。
軽油といえども満タンあたりの金額は今や約1万円。(80L)

このご時世の中、一旦一時抹消したり、4ナンバー化を考えたりと
(車幅上1ナンバーになるので断念)
必死で維持させることも実践してみましたが、ここにきて
マフラーの裂け、タイミングベルト交換、ACエバポ故障(エアコン効かず)、
超低硫黄軽油ゆえの噴射ポンプへの悪影響、(長年のハンチング頻発に添加剤で耐えてました)
(リビルトに換えたら ↑、ウン十万円。)
また、3年ほど前からはブロック下からのOIL漏れで注ぎ足し注ぎ足ししてました。
あとはアイドリング時のフンワリとした船のような謎の揺れ。(ハンチング関係なし)

自分なりに出来ることのメンテも重ねてきたつもりですが、
それらが一斉に重なってしまい、もはや今のモチベーションでは
持ち堪えることが不可能でした。

再びの一時抹消で、じっくり時間かけて直す!という手段も考えてはおりましたが
実質的リスクを考えると、次第とその気力がなくなっていきました。(情けない)




2005_0920UBS0015_20120428155816.jpg
2005年9月撮影。



2012_0428o0046.jpg
なんやかや、よく車内でメシも食べましたが、最後のメニューは冷麺とおにぎり。(4/28)


2012_04290007.jpg2012_04290010.jpg
洗車機でしたが、一応最後の洗車と、とりあえず117との記念撮影?を終え、(4/29)

先般、車両の整理をやっておりましたら、(外せるモノは全て外した。)
なんとデッカイダンボール2箱分にもなってしまいました。

倉庫にある予備パーツやら、その他のモノは某クションで売却しようと思います。
(売れたらええんやけど・・・。^^;)



IMG_7331.jpgIMG_7330.jpg
訳あって、お別れ一日前の朝。
ウチのいつもの場所にUBSが止まってる風景を見られるのもこの朝が最後。(5/01)

その後、某所までの ほんの19分間が LAST RUN になりました。



そして今日5/02。


IMG_7347.jpg
スケッチ号と最初で最後のツーショット。



「UBSは、コレといって目立たず、マイナーで地味で、なんかオヤジ臭くて。」

「逆をかえせば、落ち着いてて、よく走るし、ドッシリしてて、乗ってて安心感も高くて。」


「UBSを含め、いすゞ車は自動車ではなくて、 ク・ル・マ だと思います。」




無題1
無題2

購入時走行   41,436Km
お別れ時走行  165,951Km
実質走行距離  124,515Km
給油量合計   14,742.2リットル(軽油)
平均燃費     8.446Km/L(満タン測定)


「どこ行っても可愛がってもらうんぞ。わかったな。」

「ほんまにいいクルマでした。 今まで一杯の思い出 ほんまにありがとう。」



スポンサーサイト



19:00 @UBS | コメント:(4)
 | ホーム |