03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

夢の跡。

2013/04/22
DSC_0118.jpg
スタートゲートをくぐって1kmもしない間に、何やら真後ろでキャーキャー沸き立つ歓声!
振り向くと、ゲゲ! 真後ろにいたのは黄色いウェアのQちゃんでした。@@
早速ハイタッチしていただいて元気をもらう。^^ (後ろ姿を思わず携帯で撮影)


・・・


4/21(日) 天候 雨のち曇り時々晴れ。 気温かなり寒し。北西風相当強し。
10ヶ月間、楽しみにしてきた初マラソンの日。


スタートの号砲が全く聞こえないほど、参加者1万人のほぼ最後尾からスタート。
号砲が鳴ってから、スタートゲートまで13分40秒かかっていました。
しかしまぁこの日は真冬のような寒さでして、用心して持ってた¥100透明合羽を羽織り
スタートしたわけなのですが、すぐ暑くなってしまい そそくさと脱ぎました。
・・・しかしこの脱いだのが後になって大きく影響してしまいます。


寒い中、沿道に立つ応援の方々。おっちゃんおばちゃん爺さん婆さんに幼子まで。
阿波踊りから南京玉簾。生LIVEに太鼓に妖怪にホラ貝を吹く山伏さん。
各給水所では次々に紙コップを差し出す小学生に中学生にボランティアの方々。
とにかくそんな走らない方々の必死の支えに感動をいただきながら
スタート後、後で疲れると分かっていてもかなりのペースで飛ばす。


スタート直後前方にいた6時間のペーサーの方の前に出て
その後15km地点では5時間のペーサーの方に追いついて、なんとか前に出れました。
「よっしゃ!このままこのペースで!」(6分/キロ)
ずっと練習を繰り返してきたペースでどこまで行けるか?・・・を試すことに。


次々と現れる給水所には、塩・スポーツドリンク・水。
また、バナナ・ちくわ・カツ・フルーツ・飴・そうめんなどを備える場所もあり
最初は付けるのを辞めようと思ったウエストポーチに入れていたモノは
最後まで何も消費しなくていいほど、給水所は充実しているものでした。


そんなこんなのペースを維持したまま、30km地点へ無事到達。
TIME的には普段の練習とほぼ同じの、3時間20分程度。
ほぼ最後尾からのスタートだったことを考えれば、我ながらよく走ったと思います。
もうここまでで大満足。^^;
で、ここまでの距離は幾度か経験済みですが、ここから先の12kmは未知の世界。


・・・と、そんな矢先、突如お腹が痛くなってきました。(爆)
¥100透明合羽を脱いでから、気温が低い中強風に吹かれ続けて冷えたのでしょう。
「うぐぐ!」とか言いつつ、下っ腹を押さえ必死で耐え忍びながら走ってたのですが
ついに辛抱ならず、ちょうど辿り着いた第9給水所のトイレへ直行。(滝汗)
「ヤレヤレ、間におぅた!」と、ホッとしてトイレの中で10分が経過。^^ゞ


充実したトイレTIMEを終えて外へ出ますと(爆)
15km地点で追い抜いたはずの5時間のペーサーの方が目の前を走り抜けていきました。
再び追い抜こうと必死で併走を試みてたのですが、35km地点ぐらいだったかな。
気力はあれども、突然全く足が動かなくなりまして、、
「はは~ん、これが本に載ってたなんとかの壁やな。」と、これも初めての経験。

答えは簡単! 最初飛ばしたのもあるでしょうし、(自業自得)
そこが自分の限界だったからなんでしょう。

ただ、今から7分/キロちょいのペースで最後まで走り抜けば
なんとか目標としてきた4時間台のゴール(ネット)が見えています。
んがしかし、これが動かんのです。
何をどうしようとしても足が動かんのです。
ちょうど手元の時計で5時間(ネット)が経過したのは虚しくも41km地点でした。


ただ借りにトイレにしゃがんでた10分間が無かったとしても、(爆)
4時間台でゴールすることは、今の自分ではたぶん無理だったような気がします。^^;


グロスタイム  5:23:42
ネットタイム   5:10:02 (うちトイレ10分.........汗)


2013_04200004.jpgDSC_0120.jpg

いい番号のゼッケンをいただき、自分でたてた目標には少し及ばずでしたが、
走らせていただいている。・・・という実感と感謝の中、楽しみながら無事完走できました。

なんとなく想像はしていましたが、ほんま人生と同じですね。
上り坂あり、下り坂あり、平坦路あり。 向かい風に追い風。
支えてくれる大勢の方、応援くださる大勢の方のおかげで前進できる。

時に立ち止まりながら身体をほぐし元気づけ、
スピードが落ちようとも、コケないように足元を見ながら一歩ずつ前に進む。
そして抜きつ抜かれつ、最終的な頼みの綱は自分の足。

"人生観が変わる" と言うのは、「生かせていただいている」という感謝の念を
マラソンという種目を通じて、改めて思い知らせてくれるということなのかも・・。

実に奥が深いです。> マラソン。^^



さて・・・今度は下痢止め持って走ってやる。^^;


スポンサーサイト



18:00 @マラソン | コメント:(6)
 | ホーム |