05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

修理完了 X 2。

2018/06/28
DSC_2499.jpg
通称 : アイボルト。

燃料漏れを起こしている車両は、多々、、増し締め対策とやらを施しているようで
その場合、同部品を取り外す際、下手すると左側のボルト部が途中で折れるらしい。
そうなった場合、最悪ヘッド降ろし............................。
(このエンジンが世に出た20年前当初から、多くの燃料漏れ事象があったようです。)

というような元メカさんのアドバイスもあったりで、こっちはプロにおまかせを。
材工ともで数千円。 なんとか大事に至らず済みました。



DSC_2511.jpg DSC_2484.jpg
UBS復活!
これでクルマのそばに寄っても臭くなくなりましたが
アスファルトをキレイに直さなあきません。(駐車場借りてる (T_T))










で、こっち。



2018_06170027.jpg
ここらへんは毎度悩みの種。
ポンプ固定金具にある3ヶ所の上吊り支持点。 全て腐朽して見事に脱落済み。
仮のブラケットを応急的に自作して、ぶら下げていましたが、、ホース交換と共にやり直し。


2018_06170004.jpg 2018_06170011.jpg
ポンプ出口方向が純正品と違うため、ホースの取り回しに少々悩みました。
また、ポンプ直径が純正品よりも少し細いので、
緩衝材を兼ね、ゴムシートを巻きつけてつじつまを合わせ、純正ブラケットに締め付け。
燃料ホースに無理がこないように長めに使い、後方にある給油管をグルリと一周させ、
プレッシャーレギュレータの位置を変更して、なんとか解決。


2018_06170016.jpg DSC_2521.jpg
ガソリン漏れの原因はコレ。 そりゃまぁ、ドバドバですわな。w( ̄o ̄)w



ほなけど、暑い・・・。

マラソンの練習もずっと続けておりますが、
先週の日曜日から涼しさを求め、早朝の吉野川土手コースに変更したところです。
熱中症に気をつけなアカン季節になりましたネ。

スポンサーサイト



18:00 @UBS | コメント:(0)
 | ホーム |