07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

よーそろー。

2012/02/01
2月に入っても相変わらず寒いですナ。

ここにきてインフルも激増してるようですが、皆さん大丈夫でしょうか!?



先日、起床時のアラーム音を変えました。(携帯ネ)

つい最近までは、、

川嶋あい "旅立ちの日に"。
いきものがかり "ありがとう"。.............. と、続いてまして、(いずれもオルゴール)

今回は、由紀さおり "夜明けのスキャット オルゴールバージョン" 。
http://www.youtube.com/watch?v=LCUS4eLoWUs

どちらかと言えば寝入り用?のような心地よさ感のメロディかも知れませんが
意外と目覚めにも最高でございます。

BON JOVI等ハードロックな着うたですと頭がビックリして体に悪いです。^^ゞ



今回、訳あって6記事同時更新してます。m(_ _)m



_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _




先般書いた自分の病気等のことは、我が宿命だという現実を受け止めつつ
我流ギターリハビリにも、日々仕事のシメ15分間と寝る前の1時間せっせと励んでおります。
この年初から始めたんですが、丸1ヶ月が経過し、、(今んとこ毎日やってます)
両手指の動きは、昔の若かりし頃のソレとは全くかけ離れてはおります。
んが、ソレがかなり昔でも、一旦身体で覚えたもんっちゅうのは、スゴイもんですナ。
このギターリハビリ、モノは試しに今後も続けてみるつもりです。


また、その中で
『特に言うことを聞いてくれない指・腕等の個別部位』 も自分で発見できました。
自分の演奏を録画して見返してみますと、(大バカ)
演奏中に感じる違和感と、録画を見たときの不自然さが合致するんですよね。


何か新事実が分かれば・・・との願いをこめ、先日新たに3つ目の病院を訪ねてみました。
今までの2病院で完治しないことは言われてましたので、大きな動揺はなかったものの、
3つ行った病院で、3つともに 「直りませんよ!」 と言われますと流石に少し堪えますネ。
(Oさん、ありがとう。)


その新しく診ていただいた某病院の先生談では、「Pではない。・・・と思う。」 との 
見解をお示しいただいたのですが、(これで1:2)
んが、どちらにせよ 「直らんよ!」 なのです。

各病院で言われた3疾病のことを、常識や理論で理解しようとしても、
頭の一部がね、 へ理屈こねるんですよね。

で、我流ギターリハビリのことも恥ずかしながら先生に尋ねてみました。
「全く関係もなければ、良くなることもないでしょうねぇ。」.............でした。(ガクッ)


117coupeで例えてみますと、原因不明の電気系統のエラーでハンチングが頻発する!
又は、例の燃料ポンプに錆がつっかえて、フューエルラインが滞り、シャクりまくる!
.......まぁ言えば、こういう感じっぽいことが脳神経でおきてるのが自分の病気です。

そんな場合、例えば錆びてた接点を磨いてやったり、注油したり、錆取り除いたりで
割と単純に直ったりすることもあるじゃないですか!
人間の脳ですから、その例えは変かも知れませんけども、
案外そんなものなのかも知れないという気持ちな今日この頃。

要は脳神経回路の接点を磨く。神経ハーネスをバイパスさせる。
サーモ異常のようにオーバーク-ルな身体を、ちょいとヒート気味にしてみる・・・。とか。
とにかく 「やってみなければ、どっち向いて転ぶかワカラン」 のであって、
たとえ全否定されたとしても、続けてみる価値は全くのゼロではないかな?と。


今までに言われた3疾病名を検索してみますと、やはりザクザクと出てきます。
少なからず、決して自分一人じゃなくて、私なんか比較にならないくらいの悩みを抱えて
それでも負けじと頑張って生きていらっしゃる方々も多いわけで。
またそんな方々の生き様が、すごい励みにもなったりで。 .............お恥ずかしい限り。


34年間そのことを他人さまに指摘され続け、その度苦笑いしながら誤魔化し
「お前どしたん、若いのにチュー○か。」「ア○中か。」などと、しらけた横目で見られ、
昨年初、25年目にして初めて行ってみた中学校の同窓会。
いらんことまで覚えてる奴って、ほんまおるんですねぇ。「早ぅ直したら・・・。」(女性)
簡単に直せるんだったらとっくに直しとるわ。
こんな場においてまで ほの事言うか.........このバカタレが。



「直りません!」 と言われたとて、「絶対に直す!」 という気持ちでいますから
とにかく前向きなモチベーションを無くしてしまうと、"終わり" になりますので
なんとかそれなりに持続させてはいますが、ここにきて精神的に疲れてきたのも事実。


何かしらの光明と言うか、ヒントと言うか、きっかけと言うか、、
せめてほんの小さいモンでも、自分の指先にでもひょいと引っかっかってくれたら、
ある意味 "こっちのもん!" にしてしまうぐらいの
全く根拠のない変な自信はあったりするんですけどね。


建築で表現してみますと、100%見つけられない!と言われる雨漏りの原因を
あーじゃこーじゃと考えながら探っていく作業と、ニュアンス的に似てる気がします。
いや、、一緒です。
時間は少々必要ですが、100%見つけられない雨漏りなんて現実的に無いのですよ。



前記事で病気のことを書くまでは、「どういう風に上手く誤魔化すか!」 だったんですが
不思議なモンで、その後は 「どういう風に直す道筋を見つけるか!」 に変わってきました。

たぶん何らかのヒントや他の治療法はどっかに転がっているはずで。^^


少しの間、ブログをお休みして ちょっとあがいてみようと思います。m(_ _)m



以下、Wikiより。


「ようそろ」 とは航海用語で、船を直進させることを意味する操舵号令である。
幕末海軍からの名残であり、旧日本海軍および海上自衛隊では、
転じて 『了解』 『問題なし』 の意味で復唱される。

漢字では 「宜候」 と書き、「よーそろー」 と発声する。
これは 「宜しく候(よろしくそうろう)」 が変化したものである。



18:00 @未分類