07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

骨折と運動会。

2011/05/22
5/16(月)の夕方、中3息子が通う中学校から電話があって
「ムカデ競争の練習の最中に足を痛めて氷で冷やし中。迎えに来てください!」 と担任氏。

先頭だった息子の上に、後続の友人たちが次々と倒れてきたそうです。(数珠つなぎ状態)

この中学校の運動会は毎年5月に行われ、今年は5/21(土)が運動会。
中3息子にとっては、中学生活最後の運動会です。

左の足の甲がぷっくり腫れていましたから、私はそのまま最寄りの整形外科へ直行。
『足の甲の内側の剥離骨折』 との診断でした。

その当日はテーピングだけで処置も済み、片足でピョンピョン跳ねながらも息子は元気!
週末に行われる運動会のことばかり、「コレ、走れるんかいな?」 と、心配していました。
(リレー選手X 2)


それから2日後の5/18(水)、今度は愚妻が病院へ連れて行ったんですが
息子のその左足足首からスネには、真っ白いギプスが重々しく巻かれていました。

帰宅するなり、息子が玄関で悔しそうに号泣。 (病院でもギプスを巻かれながら涙してたそう)
なんて声をかけたらええのか.........................。



と、ここで、私と愚妻がひともんちゃくね。(大笑) (ギプス肯定派の愚妻 VS 否定派のわし) 爆



私は何としても最後の運動会に、リレーは無理でも何とか参加させてやりたい思い一心で
涙が止まらない息子を励ましながら連れ出しました。(S'ndオピニオンね!)


まず一軒目は地元でも大きな総合病院。
既に午後2時前だったので、悲しいかな当日の診察は終わり、診ていただけませんでした。

そして二軒目の地元の別の整形外科。
事情をお話ししたのですが、「ウチでは診れない。元のお医者さんへ行ってくれ」 との冷答。

そこでその病院Pからギプスを巻いてくれた病院へ電話してみましたら
「テーピングに戻すんですか?いいですよ。」 と、なにやら軽めのお返事。(やや謎)
すぐUターンして、ギプスを巻いてくれた整形外科へ舞い戻りました。



前のブログに少し書いたことがありましたが、私自身が高2の時、
○球の県大会で優勝し、四国大会で準優勝し、全国選抜大会出場が決定したその後、
不覚にも自分の不注意で利き腕の右鎖骨をポッキリ骨折してしまい (後に全身麻酔手術)
その全国大会出場が幻と消えてしまった非常に辛い経験がありました。
入院した病室で、悔しくて一人オイオイと号泣してたのを今でも覚えています。 
(今でも悔いアリ ^^;)

そんな人生経験も必要なのかも知れませんが、同じ思いをさせたくなかったんですよね.......。



中学校最後の運動会のことを一ヶ月も前から嬉しそうに話し、
やれリレーの攻め方とか、障害物、部活パレードとか、フォークダンスのことを喋っていました。
そんな彼にとって 『ギプス』 という現実が受け入れられなかったのでしょう。


私は、彼がリレーで走れなくとも、せめて皆と一緒に入場行進や部活パレードぐらいなら
可能かも知れないと思い、彼のギプスを外してテーピングに戻してもらう作戦に出たのです。
痛くて走れないのは覚悟の上で、彼もソレを願っているようでした。


.................結果、元のお医者さんでギプスが外され、
テーピング&サポーターという二重構造の処置をしていただきました。(かなりガチガチ)


ただし、、


「逆に直りも遅ぅなって、総体にも影響するかも知れんゾ。ほれでもええか?」
という先生からの条件付き。(市総体6月後半、県総体7月後半)

さらに「運動会終わったら総体前までギプス巻くかも知れんゾ!」 と、さらに私。

「ほれでもいい。」 とのことで、装着したばかりのギプスを外していただいたのです。


それでも運動会が近づくにつれ、そこはやっぱりまだ中学生。
息子の気持ちはかな~り揺らいでいました。
痛みも簡単にはひかず、「もう休みたい。」 と、なげやりな気持ちにもなっていました。



『行ったとしても、走れる訳でもなく、皆の姿を眺めてるにしか過ぎない........かも知れない。』

『でも、イジケテ休んだとして、果たしてそれで本人の気持ちが納得いくのか。』


こういう判断って、大人でもけっこう難しいところではありますが、決めるのは本人。


「どっちにしても後悔してしまうかも知れんけど、後になって、・・・・しとけばヨカッタ。」

と、思わないほうを冷静になって考えて自分で判断しなさい。

..................ぐらいしか、私ら親は言うセリフがありません。



そんな彼の中学最後の運動会です。


IMG_5317.jpg

IMG_5188.jpg
入場行進。(前列右端)

IMG_5201-1.jpg
現在某中学校では新校舎がまもなく完成予定。(矢印先には太陽光発電パネルがどっさり)

IMG_5229-1.jpg
最下位でしたが障害物にも出てました。@@ イケルんかオイオイ。

IMG_5261-1.jpg
右足だけで飛んでたそうです。@@

IMG_5284.jpg
綱引きにも出たようですが、残念ながらクラス別最下位。(後ろから2人目)

IMG_5304.jpg
部活パレード。急遽プラカード持ちになったそうです。

MVI_5328-1.jpg
あれだけリレーは無理すなよ!と言ってたのですが、やっぱり走りたかったんやなぁ。

MVI_5328-7.jpg
全力で走れないながらも1位でバトンを受け取り・・・

MVI_5328-6.jpg
差を詰められながらも1位でバトンを渡すことに成功。どんな足しとんねん。@@
(なにやら作戦を考えたとかで、息子の走る距離を少しでも減らそうと
奥のほうでバトンを受け、手前でバトンを渡すという、級友たちのご協力。)
有り難いですね。.................で、リレーは1位。@@

IMG_5365.jpg
なんやかんや言いながら、彼のいるクラスが 祝!総合優勝!@@



アンコールの後の、大トリ フォークダンス。
積み上げてる廃タイヤに乗っかって撮影。画像ブレてます。大汗。^^;


まぁ、事前に色々とありましたが、ふと考えてみますと
現高2娘が幼稚園年少組から始まった、子供らの運動会見学。
今回で、子供らの義務教育期間の運動会が全て終わり、"記録係り" としての
私の役目も終わりました。(やや寂)

その13年の間、旗を張ったり、草抜きをしたり、テントの設営をしたり、
おっさんリレーでぶちコケたり...............と、(爆)
子供ら同様に楽しい思い出をたくさんいただきました。



「痛かっただろ...............よう頑張ったな。」
「次は総体までに絶対直したる!っていう強い気持ちが大事なんぞ。」
「さぁ家いんで(帰って)、足冷やしてシップ張ってサポーター巻いとき。」
「月曜日、もっぺんお医者さん行って診てもらうぞ。ギプス覚悟しとけヨ。」

そんな話しをしながら一緒に車で帰りました。


なんかねぇ、今回は "大きな何か" を息子から教わったような気がします。
んで、後になってちょっと考えた。 
「はて?若干無謀だったかな..........?」 と、やや反省するワシ。^^;



IMG_5315-1.jpg
最後に某局カメラマンMさん、お暑い中お疲れ様でした。
TV放映、楽しみに待ってます。^^
15:30 @家族 | コメント:(8)
コメント:
しっかりお父さんしてますねえ。
一方お母さんのお気持ちも分ります。
将来楽しかった記憶よりも苦しかった記憶のほうが鮮明に残りますものね。
No title
読んでて涙腺が・・・
とりあえず良かったですね。

ウチの高2のセガレも何かと心配ですw。

キーワード入れなくても入れた?です。
お大事に
子供には教えられたり考えさせられる事が多いですよね。
ま、お父さんも色々とムチャして来た訳だし。新たな気持ちで頑張れ、と(^^
Re: しっかりお父さんしてますねえ。
>スギメチャさん

> 一方お母さんのお気持ちも分ります。
そりゃもうね!ウチは真反対の性格してますから、モメルわよねぇ。(笑)
母親から見ると、お腹痛めて生んだ子ですからねぇ。^^;

> 将来楽しかった記憶よりも苦しかった記憶のほうが鮮明に残りますものね。
うんうん!日頃はもうほんまに苦しいばっかりで(¥)、いやはやなんとも。(爆)
なので私の苦しい記憶は現在進行形で続いています。^^;
息子は今日、積極的に自転車に乗る練習してましたヨ。(まだちょい微妙)
Re: No title
>GONさん

> とりあえず良かったですね。
有難うございます。ギプス巻いて帰って来た時は一体どうしようかと。(汗)
怪我した16日から運動会前日まで本人が決めて学校休んで
リハビリ?と言うか、サポーターで固定して数日間じっと我慢してたのが
結果につながったのだと思います。

> ウチの高2のセガレも何かと心配ですw。
お~~!ご同輩じゃないですかぁ!
男子だと、もうそろそろ車の免許とかに興味も湧く頃ですよね!^^
ウチは娘(高2)ですから毎日、プロフ?っちゅうの?を書いてるようです。

> キーワード入れなくても入れた?です。
何かややこしそうでしたので、解除しました!^^
今後とも宜しくお願いします。
Re: お大事に
>gopさん

> 子供には教えられたり考えさせられる事が多いですよね。
実に仰るとおりで、よく世間で言う、子供のおかげで親をさせてもらってる!という
まさにその通りでございます。^^;
ワシのほうが子供だなコリャ!と思うこともしばしば。(笑)

> ま、お父さんも色々とムチャして来た訳だし。新たな気持ちで頑張れ、と(^^
今考えると、自分の子供以上に親には心配かけたと断言できます。(汗)
自分の思考行動がいい方向に働いてくれるといいのですが・・・。^^;
No title
私も運動会の記憶を想い返すと、中三の記憶だけが鮮明に思い出され、以外はさっぱり。
中三は特別ですね。

オヤジのしてくれたことも記憶に残ります。
見習わなければ。

フォークダンスの音楽も振付も変わってなく、純朴な感じでホッとさせてもらいました。
Re: No title
>Gやんさん

> 私も運動会の記憶を想い返すと、中三の記憶だけが鮮明に思い出され、以外はさっぱり。
同じくですよ。中1・2の記憶は全く残っていませんが
中3ではゴレンジャーになりましたから、今もよく覚えてます。^^
(仮装行列ネ)

> オヤジのしてくれたことも記憶に残ります。
私が今の息子ほどの時は、ウチの親父は某病気で家にいませんでして・・。^^;
思春期の子供に対する親父像がワカランのですよ。(汗)
今回のことは、若干私欲が混じってたのかもしれません。(反省)

> フォークダンスの音楽も振付も変わってなく、純朴な感じでホッとさせてもらいました。
コロブチカも踊ってましたヨ!
実際に見てたときも、すごく懐かしく思いました。^^

管理者のみに表示